最近は防炎対策のレベルもアップしてきて、国としても基準高め対象を広げています。

防炎規制とは、もともとは昭和44年の消防法に基づく規制で、不特定多数が出入りする場所で
使われる、主に布製品を燃えにくい加工がされたものの使用を義務付けた内容です。


具体的にはカーテンやカーペット、工事用のシートなどが対象です。

布


のぼり旗も他人事ではないのです。
のぼり旗の多くは路上や店前、展覧会などで利用されます。


そのためのぼり旗も防炎規制の条件に当てはまるケースが多く、火災になりにくい加工をした方が望ましいです。


消防法に定められた防炎性能基準の条件を満たした商品は、防火物品と呼ばれて認定されています。
これがあるだけでも安心感がありますし、周りにも配慮したのぼり旗になります。


使う場面や場所によっては必須になることもありますので、その場合はデザインなどを決めたとこで
防炎規制のことも頭に入れておくことが大切です。その加工処理もできる販売店なら信頼できます。


専門店だからこその加工技術


のぼり旗というとデザインばかりが気になってしまいますが、使う場所やシーンによっては
日に強くなくてはならないのも忘れてはなりません。


そこでその加工も対応しているのぼり旗専門店のnoboribata.netが登場です。
デザインなどが決まって出来上がった状態から、防炎の加工もできるので全てを万全な状況にしてくれます。

のぼり旗サイト


加工済みの商品には日本防炎協会のラベルを付けますので、見た目でもわかるようになっています。
これなら安心して使えますし、加工の手間も煩わしくありません。


作成にさらに処理が必要になりますが、だからと言って納期が大幅に伸びることはありません。
料金も飛び上がるほど高くならないので、防炎の加工をするのに負担は少なくメリットは十分感じられます。


専門店のnoboribata.netだからこそ、行き届いたサービスも用意されてそれができる技術もあります。
質問しながら作成ができるので、わからないことがあれば相談してみましょう。

 

 

サイトマップ