商品や提供するサービスを宣伝するときには、その内容をしっかり知ってもらうということが
大きなポイントとなってきます。どの情報を盛り込むか、取捨選択をすることが
非常に重要になりますが、のぼり旗での宣伝ということになると、そのスペースが
限定されているという事から、非常に難しいものとなっていきます。


通行中に目にしてもらうことが多いという点も問題となります。
時間をかけてゆっくり見ていただくものと異なり、通りがかった一瞬しか見てもらえないということになると、
その一瞬でどれだけわかりやすいか、目に入りやすいかということがポイントとなってくるからです。


通りがかりに目にする


そこでのぼり旗に利用していきたいのが写真入りという形です。


写真を使う事によって、言葉で説明しなくてもどのようなものかということが伝えやすくなります。
写真によって伝えたいことが目立ちやすくなり、宣伝効果が高まるのです。


のぼり旗を宣伝に利用するというときに、伝えたいことをしっかり伝えていくという事を
意識するのであれば、写真を使っていきましょう。


見た人にイメージをさせることができるので、多くの情報を伝えられるようにするためのポイントと言えます。

 

目立たせるために工夫を


写真を使うという事で、情報量を多く盛り込むことが出来るうえ、目立たせやすくなるということが言えます。
それ以外にも目立たせるための工夫というものを考えておくようにしましょう。


例えば色の使い方によって目立ち方が変わってくることがあります。
写真自体が目立つ場合には、それを目立たせるために全体の色合いは控えめにするのが良いでしょう。


写真が明るい場合には暗い色にすると引き立ちます。
特に白っぽい写真ではなく、のぼり旗全体を強調させたいという場合には蛍光色を使うのが良いでしょう。


蛍光色は目立ちやすく、人の目につきやすくなるのです。目を引きたいというときにはこうした形で色選びをしていきましょう。
蛍光色と言っても、のぼり旗のように広めの面積で使うとそれほどきつくなく見えることもあります。

蛍光色の活用


一色で使えば鮮やかながらシンプルに仕上がるでしょう。一見色の主張が強そうに見えますが、
文字をはっきり見せたり、写真を目立たせたりすることも出来る場合が多いです。


実際にどのように見えるのか、サンプルなどを取り寄せてみてみるとよいでしょう。
ぜひのぼり旗を強調して宣伝効果を高めていくことが出来るように工夫をしていきたいものです。

 

 

サイトマップ