のぼり旗の活用法には色々あります。
それは弁護士の方にも言えることです。

弁護士


弁護士などの法律に関係する人が、弁護士事務所から離れて無料相談所を開設するケースが
多くあります。

 

しかし、広報誌や広告などで告知しても、普段から意識して見ている人が恐らくそんなに多くない為、
中々人が集まらない、というケースが多くあります。


また、気にはなっても場所が分かりにくくては、足を運ぶのが困難です。

 

そのような場合には、「のぼり旗」を利用すると効果的な集客を行う事ができます。

 

常駐する弁護士事務所であれば、地図などに掲載しておりカーナビなどのツールを利用すると
辿りつくことができます。

 

しかし、臨時にて公会堂や貸し会議室を借りて開催する場合には、行きたくても場所の特定が
難しくなります。

 

そのような場合には、会議室の近くの道路に「のぼり旗」を設置すると、広報誌の告知を
見ていない人も何気なく行く事が可能になります。

のぼり旗

 

また「のぼり旗」がある事で、臨時の場所であると特に初めて行く人にとっては
とても敷居の高い場所に感じてしまいます。


弁護士による法律の相談と聞くと、敷居が高いイメージを持っている人も多いですが、
近くに「無料」と書かれたのぼり旗があるだけで安心できますので、そこで初めて興味を
持ってもらえます。

 

他の宣伝と同じような「のぼり旗」があるだけで親しみのある雰囲気を演出する事が可能になります。
遠くからの相談者に場所を確実に知らせる為には「のぼり旗」は有効な手段となります。

このように、意外なところにも、のぼり旗は活用できるのです。

 

サイトマップ