配色におけるのぼり旗デザインのコツ

のぼり旗のデザインにはコツがあります。

のぼり旗というのは通行者に向かってアピールするアイテムです。
ドライバーや自転車など、歩行者だけではなく、その他の動くものからも認識してもらう必要があります。


そのため、できるだけシンプルに情報量を絞り込んで作成することがコツです。

一目みただけで内容が分かる。 これがのぼり旗を作る際の一番のポイントです。

通りすがりでも、静止しなくても内容がわかる。
そのような作り方をすることがのぼり旗では必要なのです。

一目で認識できる

「セール」「大安売り」といったフレーズの広告の成功のカギは、のぼり旗をよく目にするでしょう。
これはまさに非常にシンプルに告知をしているのです。

それが非常に目を引くというよい効果を上げている代表例とも言えます。

 

しかし、ただ目立てばよいかというとそうではありません。
あまりにも店舗の雰囲気にそぐわないのぼり旗はかえって客足を遠のかせてしまいます。

お店の雰囲気や商品に似合うデザインと効果的な内容。
それでこそのぼり旗を使うメリットが生きてくるといえます。

 

それが色なのか、フォントなのかフレーズなのか…それはお店や会社によってそれぞれだと思います。

また、それらを複合的に組み合わせて、理想ののぼりのデザインを作るのです。

大きな字の赤と黄色の大安売りののぼりなんかは、上品な雰囲気を出したいところではそぐわないでしょう。

のぼりの目立つものという大前提はありますが、広告媒体でもあるのでイメージは大切です。
そこで、集客のできるのぼり旗とはどんなのぼり旗かを考えてみたいと思います。

 

ルールを守りながら掲げよう!のぼり旗を設置する際の注意点

のぼり旗は最高の集客ツールであり、設置する事で道行く不特定多数のユーザーに対して
大きなアピール力を発揮させられます。ただ、設置する際にはルールを厳守しなければなりません。

のぼり設置のルール
店舗名やサービス名が明記された、シンボルマークとも言えるのぼり旗だからこそ
設置に関して道路交通法は厳格に守りましょう。

通行人や車などを妨害する形でのぼり旗を設置すると交通の妨げになるのでNGです。
店舗の敷地からはみ出して公道に設置すると、通行人やマイカーが安全に歩行、通行できなくなります。


通路を妨害する形で設置されたのぼり旗に対して、良い印象を持つユーザーはおらず、
無理に公道や狭い路地に設置するのはむしろ逆効果です。 店舗の敷地内であったとしても、
駐車場や入口付近に大量ののぼり旗を置くと通行妨害になります。

 

また他人の私有地に無断で置くのは完全にルール違反になりますし、トラブルの火種になるだけです。
たとえ魅力的な設置ポイントだと感じても、他人の住宅や庭先に無断で置いてはいけません。


空地に見えても、その土地の権利は所有者が持っており、設置したい場合は
必ず相手の許可を得なければいけません。逆に言えば許可を取れば設置は普通に行えますし、
空地の場合、丁寧に説明すれば快く所有者がOKしてくれる事も多いです。

 

 

 

Copyright c  2022-2023 広告のぼり旗が未来を左右する All Rights Reserved.